業務の効率化を優先しよう|車両管理システムで時間削減

企業で採用され始めている

男女

web会議は昨今、多くの企業が利用している会議の手段です。遠くにいても会議を行うことができるため、多額の出張費用を削減することも可能になります。海外とのやり取りもしやすくなり、仕事の幅も広がっていきます。

もっと知ろう

水道工事の事務作業

IT

水道工事には申請が必要になりますが、各市町村ごとにいろいろな決まりごとがあります。水道申請CADソフトを利用すれば、全国の申請書に対応しているため、簡単に申請を行うことができるようになります。導入費も安いところが多くなっています。

もっと知ろう

CADソフトで申請図作成

ネットワーク

さまざまな業界で製品の設計に使われるCADソフトが存在する中で、特に水道業界に特化したのは水道CADソフトです。水道設計に関わる作業負担を大幅に軽減させる水道CADソフトは、自治体申請書とも連動しています。市町村ごとに異なる上下水道申請図に対応し、CADソフトに不慣れな事務員でも十分に操作可能です。

もっと知ろう

運輸事業の省力化に貢献

ミーティング

売上請求と乗務実績

運送業システムの基本となるのは売上請求管理です。運転日報の形式で入力するだけで運賃が正確に計算され、得意先ごとに請求書として出力されます。これは売掛金の確実な回収に役立つだけでなく、時系列に沿った売上傾向の把握から、新たな営業戦略の立案に繋げることもできます。乗務員の実績管理も運送業システムの重要な役割です。毎日の走行距離や時間を個別に把握することで、各種手当を含めた給与額を正しく計算するとともに、月度や年度単位で集計して人事考課の資料とすることができます。売上管理や乗務員管理を給与システムや経理システムと連動させれば、データの再入力や計算の手間が省け、さらに業務効率のアップが可能になります。

車両の適切な管理

運送業システムでは車両管理機能の豊富さも注目したいポイントです。受注状況に応じた適切な配車ができること、必要なときに傭車ができることは、ビジネスチャンスを最大限に活かし収益の拡大に貢献します。また車両ごとに燃費や整備費、保険料などを算出し、収益と比較して今後の経営方針の参考にすることができます。多くのシステムは初心者でも入力しやすいよう、感覚的にわかりやすい画面で構成されています。またデジタルタコメーターと連動し、さらに入力の手間を省いた運送業システムもあります。ただし、すべての製品が全部の機能を備えているわけではありません。会社の規模や予算に応じて、必要な機能を選ぶのがシステム導入のコツです。