CADソフトで申請図作成|業務の効率化を優先しよう|車両管理システムで時間削減

業務の効率化を優先しよう|車両管理システムで時間削減

CADソフトで申請図作成

ネットワーク

水道設計に特化したCAD

大は公共工事から小は機械部品に至るまで、土木・建築や製造の前には厳密な寸法計算に基づく設計が欠かせません。かつては紙の図面に手書きで行っていた設計作業も、現在ではコンピュータとCADソフトを使うのが主流です。CADソフトには2次元CADと3次元CADがあり、各業界ごとに特化した機能を持つ設計ソフトとして独自の進化を遂げています。CADソフトにも機械用CADや建築用CAD・電気用CADなど多くの種類がある中、水道業界で使われているのは水道CADソフトです。これは建築設備用CADの一種として独自に開発され、水道設備特有の配管設計に特化した機能を持っています。水道CADソフトを使うことによって、上下水道設計では避けられない煩雑な配管の設計作業が効率化されます。こうした設計では同じパーツを繰り返し配置する単純作業も必要ですが、水道CADではそうした作業を自動化することが可能なのです。取引先から届いた紙図面のスキャナー取り込みや、自動作成した立面図の修正も水道CADソフトなら容易です。図面ごとに縮尺が異なる場合も少なくありませんが、縮尺に合わせて配管が自由自在に伸縮されるソフトもあります。

市町村申請図の作成が楽に

こうした水道CADソフトの役割は、単に上下水道の配管設計図を作成するだけではありません。設計業務に伴って各自治体への申請書を作成する必要も出てきますが、市町村ごとに異なる上下水道申請図に対応できる点も水道CADソフトの大きな特徴の1つです。特に下水道申請図は市町村によって使われる記号や申請書の書式に違いが見られるため、汎用CADソフトでの対応は困難でした。水道CADソフトの中には全国市町村の下水道申請図・申請書に対応した製品もありますので、そうした製品を選ぶことで申請作業が大幅に軽減されます。水道業者によっては設計作業を技師が担当し、自治体への申請作業を事務員が受け持つ場合も少なくありません。その場合にネックとなるのは事務員がCADソフトの操作に不慣れな点ですが、最近の水道CADソフトにはオフィスソフトに近い操作性を取り入れた製品もあります。煩雑な申請作業を事務員に任せることで技師は水道設備の設計業務に専念できるため、作業分担による負担軽減効果が得られます。上下水道申請図の作成作業を効率化する水道CADソフトは、水道業界を悩ませてきた問題を解決するツールとして進化を遂げたのです。